メモブログ

技術的なことを書き連ねるブログ

phpでのコールバックの渡し方

javascriptが自由過ぎて、
phpでコールバック渡すのどうするんだ。。ってなったので
メモ

<?php

class A{
    public function call(){
        echo 'A!!!!';
    }
}

function B($callback){
    $callback();
}

$a = new A();

B(array($a, 'call'));

/// A!!!!

?>

ここに色々のってる
php.net

es-lint-react の 「react/no-access-state-in-setstate」

setStateの中でthis.stateを参照しようとしたら怒られた話。

function increment() {
  this.setState({value: this.state.value + 1});
}

なんでダメかというと
github.com

setState({value: 1 + 1})
setState({value: 1 + 1})

連続で使用した時に
1+1 = 2 , 2+1 = 3 となってほしい所を、
1+1 =2, 1+1=2 , と古い状態のstateにアクセスしてしまう場合があるらしい。
要するに、前のsetStateが終わっていない状態で、次のsetStateが走ってしまうということ。

function increment() {
  this.setState(prevState => ({value: prevState.value + 1}));
}

そういう時は、setStateメソッドには、コールバックが用意されているので
これを使えば、

setState({value: 1 + 1})
setState({value: 2 + 1})

と、期待通りの挙動になる。

Vue Cli + Vuetify で バドミントンスコアシートを作った

f:id:resistance_underground:20190128005220p:plain

vue.jsの勉強 & ペーパーレスのために
バドミントンスコアシートのwebアプリを作ってみました。
バドミントンやる方は是非使って見てください!

badminton.htmlgo.site github.com

苦戦したのは、Vuexのstore内のstateのデータ構造です。
これは何回も作り直しました。。
正直、もっと効率の良い構造があるはず。

あとはこれはmutationsに書くのか?それともactionsに書くのか?
それともこの処理は外にだして別途モジュール化してimportした方がいいのか?
というところが本当に迷いました。これは数をこなしつつ、色々な人のコードを見て学んでいく必要がありそう。


マテリアルデザインは色々あったんですが、Vuetifyを使用。
マジで色々あって便利です。vue.js専用に作られているので、サクッと導入できます。
やはり、こういうのはユーザーが多いものを使った方が無難な気がします。
vuetifyjs.com

自分はデザインは出来ないのですが、こういうwebアプリを1から自作で全部作るって、
とてもいい勉強だし楽しいですね。
普段の案件では基本的にオーダーされたものを作るのだけど、
機能だったり、使い勝手だったり全部自分で考える、というのは大切だと思いました。

あと、副産物としてこういうアプリは配列の操作の練習になる。普通のwebサイト作るより。
「reduce」「map」「splice」「slice」「forEach」「concat」「スプレッド演算子」この辺をよく使いました。
いい素振りになります。

次は、api連携とコンポーネント周りの練習もしたいので、
また何か作りたいと思います!!